お問い合わせはこちらです

顕正会の脱会通知を内容証明郵便で行うには

顕正会の脱会通知を 内容証明郵便で行うには 宗教脱会

顕正会の信仰を辞めたいと思っている方々が、どのように連絡すれば良いのかについて悩んでいる方は意外と多いかもしれません。顕正会から脱会するためには、顕正会の本部に宛てて脱会の意思表示を行うことが適切とされています。このような宗教からの脱会の連絡には、一般的に郵便による通知が用いられ、特に内容証明郵便が推奨されています。

内容証明郵便とは、送信した文書の内容や日時を郵便局が証明するサービスです。このサービスは、全ての郵便局で提供されているわけではなく、比較的大きな郵便局でのみ利用可能です。初めて内容証明郵便を利用する場合、文書の作成から送付までには通常1から2週間程度の時間がかかることがありますので、脱会を確実かつスムーズに行うには行政書士等の専門家に任せるとよいです。

この記事では、当事務所が顕正会に内容証明郵便を利用して通知する手順や重要なポイントについて、詳しく説明しています。

※)こちらの記事は顕正会の思想や活動を否定するものでは一切ありません。

顕正会の脱会通知はどこに送ればいいの

顕正会に対して脱会の通知をする場合、以下に示す顕正会本部に送付してください。したがって、顕正会に属する都道府県の支部にのみ脱会の通知書を送らないようにしてください。もし、本部以外の支部に対しても脱会の意向を通知したい場合や、何かを返却しなければならない理由がある場合は、まずは本部に内容証明郵便で通知し、別途特定記録郵便などを使用して支部に同じ内容の文書を送ることが良いでしょう。また、支部に対しても内容証明郵便を使用することが可能です。

【内容証明郵便の送付先】
本部所在地: 埼玉県さいたま市大宮区寿能町1-72-11
(登記上所在地:東京都板橋区常常盤台一丁目14番1号 ※1
被通知人: 冨士大石寺顕正会本部 御中

※1)顕正会の登記簿謄本上の主たる事務所の所在地は「東京都板橋区常常盤台一丁目14番1号」ですので、通常はこちらの所在に内容証明郵便を送ることによっても脱会できますが、活動は事実上、「埼玉県さいたま市大宮区寿能町1-72-11」で行っていることが見受けられましたので、こちらを記載しております。

顕正会の脱会をする場合には面会が必要と言われたら

顕正会から脱会することを他の会員に伝えたところ、「脱会には面談が必要だ」と言われ、その面談に応じた結果、脱会が引き留められてしまったというケースが頻繁に報告されています。しかし、宗教信仰の自由は憲法で保障されており、このような面談は本来必要ありません。面談の提案があった場合には、すぐに専門家に相談し、速やかに脱会手続きを進めるべきです。

日本国憲法(第20条)
1 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
2 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
3 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

顕正会の脱会は自分でできるの?

顕正会からの脱会は、脱会の意思を相手方に伝えることによって可能です。そのため、当然に、自分で行うこともできます。ただし、適切な脱会の意思表示が行われていない場合や、相手に到達していない場合は、脱会の効力は生じません。せっかく、内容証明郵便を利用しても、その後に他の信者の訪問や宗教新聞の配達がなくならなければあまり意味がありません。内容証明郵便を利用することは当然必要ですが、自ら行う際には以下の注意点を確認してから行うことが望ましいです。

・脱会意思は到達しなければ効果がない
・脱会にあたって顕正会の信仰を著しく否定する内容は記載しない
・脱会届には脱会の意思表示の他に今後の禁止事項も詳しく記載する
・脱会届の内容に反する内容があった場合の措置も記載しておく

顕正会の脱会通知は行政書士にお任せください

顕正会の脱会通知は行政書士にお任せください

行政書士に内容証明郵便の作成を依頼することで、顕正会からの脱会手続きを効率的に進めることができ、且つ適法に顕正会から脱会することができます。先述のとおり、自分で文書を作成して送ることもできますが、文書に不備があると脱会の意思が正確に伝わらず、余計な問題が生じる可能性があります。

さらに、行政書士が作成した文書には通常、「行政書士 ○○○○」という記名があり、これにより相手方も脱会の意志を真剣に受け止める傾向があります。しかし、当然にデメリットもあり行政書士に依頼する際には費用がかかることを考慮する必要があります。

料金

サービス内容 料金 概要
脱会(脱退)通知書の作成と送付 25,000円 内容証明により宗教団体に対し、脱会の通知をさせていただきます。
特定記録郵便による送付 5,000円 団体から預かっている物があればこちらから郵送させていただくことができます。また、そのような物品が無くとも、内容証明に加えて特定記録郵便を利用することもできます。

※)ご依頼の内容によっては料金が異なる場合があります。

【関連記事】
>宗教をやめるにはどうすればいいの?
>宗教をやめるのは難しいの?

作成の流れ

顕正会に対する脱会通知は以下の手順によって行います。

1.お問い合わせや電話
まずは、問い合わせフォームや電話でご連絡いただけますようお願いします。電話で顕正会からの脱会をご希望である旨をお伝えいただき、さらに必要に応じて、具体的な内容や御本尊の返送の有無などの詳細をお聞きします。お話いただいた内容については、行政書士は守秘義務を遵守しますので、外部に漏れることはありませんので、ご安心ください。

【お問い合わせ】
メール問い合わせ:こちら
TEL:050-3173-4720

2.契約書のご確認
当事務所との契約を結ぶ際には、契約書をPDF形式で作成いたします。脱会通知書の作成や送付についても、電子契約の方法を通じて、大阪市や周辺地域(大阪府、兵庫県、奈良県、京都府を含む近畿圏内)だけでなく、東京都、神奈川県など、全国どこでも対応可能です。

3.お支払い
契約書の内容にご了承をいただけましたら、契約締結後5日以内に料金をお支払いただきます。なお、事前払いとなっておりますので、ご了承ください。

4.脱会通知書の案文の作成
顕正会の本部に送る脱会通知書の案文を作成いたします。作成はお支払い後約5日です。内容に修正や変更があれば追加料金なく対応させていただくことができます。ただし、送付後の変更はできませんので、ご了承ください。

5.脱会通知書の送付
顕正会の本部に脱会通知書を送付させていただきます。送付後、約1週間で内容証明の謄本と配達証明書が届きますので、そちらを返送させていただき手続は以上でございます。

脱会通知書(内容証明郵便)のイメージ

以下の見本は、行政書士が作成代理人として記名し電子内容証明を用いた、の文書の例(文字数1200字程、2ページ)です。これは、脱会通知書と脱講通知書の内容証明郵便を示しています。信仰する宗教に応じて記載を分けております。

脱会通知書

脱講通知書

脱会の通知を当事務所に依頼いただいた場合のメリット

内容証明を利用して脱会通知を送ることで、後に脱会通知書の内容や送付日を証明できます。これにより、相手方が「脱会通知を受け取っていないため名簿を削除していない」という主張を防ぐことができます。また、当事務所から送付する脱会通知書には行政書士の名前が記載されるため、相手方は手続きを怠りたがる動機が減少し、脱会手続きが円滑に進むでしょう。その他にも以下のような利点があります。

  • 確実に相手に対して、脱会の意思を伝えることができます。
  • 行政書士の記名をすることで脱会手続きをスムーズに進めることができます。
  • 脱会以外の内容(再勧誘の禁止など)を通知することも可能です。
  • 遠方からの依頼には割引が適用されます。

また、当事務所は大阪市に拠点を置いており、他府県からのご依頼の場合、対面での打ち合わせが難しいことがあります。そのため、遠方のお客様にも依頼しやすくするために、大阪府外からの依頼については内容証明作成の料金を20%割引して提供しています。

なお、この割引は本ページをご覧いただいた方に限り適用されます。ご依頼の際には、割引を見たことをお伝えください。ご連絡がない場合は、通常料金の「25,000円+実費」が適用されます。

脱会通知の差出後、1か月は脱会保証いたします

脱会後に、かつて所属していた宗教団体の会員からの嫌がらせや再勧誘などを心配される方がいることがあります。弊社では、このような不安を軽減するために、当サービスをご利用いただいたすべての方(大阪府を含む)に、通知後1か月間の脱会保証を提供しています。脱会保証の対象として、以下の内容を無償でサポートさせていただきます。

  • 顕正会を脱会できなかった場合→脱会の再通知
  • 顕正会の脱会後に他の会員からの嫌がらせがある場合 → 嫌がらせ停止を求める通知
  • 顕正会の脱会後に再勧誘がある場合 → 再勧誘停止を求める通知
  • 顕正会の脱会後に顕正新聞等の配達がある場合 → 配達停止を求める通知
  • 顕正会に関連するその他の問題についての相談

再通知について、内容証明郵送費などの実費は追加でお支払いただく必要があります。

顕正会からの脱会通知を内容証明で送る―よくある質問

Q1.脱会できなかった場合にはどうしますか?
内容証明郵送費等の追加でかかる実費はご負担いただきますが、再通知による追加料金はいただいておりません。

Q2.顕正会からら預かっている物(御本尊等)はどうすれば良いでしょうか?
内容証明郵便と別で特定記録郵便(内容証明郵便のコピー付)を送ることで返還することを推奨しております。

Q3.脱会通知書の発送には何日程かかるのでしょうか。
契約後、概ね1週間です。

Q4.顕正会の事前面談などに参加するなど必要でしょうか。
いいえ。このようなことは一切不要です。

顕正会について

顕正会の脱会通知は行政書士にお任せください

引用:Google社「ストリートビュー」

以下は、顕正会についてWikipediaや登記簿謄本を参考にした内容をまとめております。
(参考:Wikipediaフリー百科事典 冨士大石寺顕正会「https://ja.wikipedia.org/wiki/冨士大石寺顕正会」)

顕正会とは

冨士大石寺顕正会は、日本の仏教系宗教団体で、埼玉県さいたま市大宮区寿能町に本部を置き、全国に約60箇所の会館を有しています。会員数は約260万人とされており、宗教法人法に基づく届出名は「顕正会」です。顕正会では、日蓮を本仏としており、法華経を真の教えとしています。

顕正会の目的

この法人は、日蓮大聖人を末法下種の本仏と崇敬し、大聖人出世の本懐たる弘安二年の「本門戒壇の大御本尊」を帰命依止の本尊とし、血脈付法の二祖日興上人を末法下種の僧宝と仰ぎ、日蓮大聖人の御遺命たる広宣流布・国立戒壇建立を成就して真の日本国安泰および世界平和を顕現することを目的とする。この目的達成のため、必要な業務および事業を行うものとする。

引用:登記簿謄本「目的等」

顕正会の勤行と布教

⑴勤行
毎朝と夕方(夜)に、法華経の方便品第二の冒頭から十如是までと、如来寿量品第十六の長行・自我偈を読誦した後、5分~10分程度、「南無妙法蓮華経」と題目を唱え、御観念文を読みます。

⑵布教
顕正会では、信者の勧誘活動を「折伏(しゃくぶく)」と呼びます。近年では、街頭で「日蓮大聖人とはどのような存在か」と題する広告や、顕正新聞の特集号を配布するなどの活動も行われています。

顕正会の施設

現在、下記60ヵ所近くの会館が日本や台湾にあります。

本部会館・第1青年会館・第2青年会館・第3青年会館・顕正新聞社別館・東京会館・芙蓉会館・多摩会館・典礼院・札幌会館・八戸会館・黒石会館・秋田会館・鷹巣会館・盛岡会館・仙台会館・山形会館・郡山会館・会津会館・佐渡会館・新潟会館・三条会館・長岡会館・富山会館・金沢会館・福井会館・水戸会館・筑波会館・宇都宮会館・群馬会館・千葉会館・旭会館・南房会館・神奈川会館・相模会館・小田原会館・甲府会館・信州会館・藤枝会館・静岡会館・浜松会館・垂井会館・名古屋会館・京都会館・三重会館・大阪会館・姫路会館・岡山会館・広島会館・尾道会館・高知会館・福岡会館・松山会館・大分会館・熊本会館・長崎会館・宮崎会館・鹿児島会館・沖縄会館・台北会館

顕正会の脱会通知を内容証明郵便で送るーまとめ

最後までご覧いただきありがとうございました。こちらの記事では、顕正会の脱会の手続について内容証明郵便を利用する方法や行政書士に依頼することで得られるメリット等についてを次のとおり解説させていただきました。

1.顕正会の脱会通知はどこに送ればいいの
2.顕正会の脱会をする場合には面会が必要と言われたら
3.顕正会の脱会通知は行政書士にお任せください
 ⑴作成の流れ
 ⑵脱会通知書(内容証明郵便)のイメージ
 ⑶脱会の通知を当事務所に依頼いただいた場合のメリット
 ⑷脱会通知の差出後、1か月は脱会保証いたします
4.顕正会からの脱会通知を内容証明で送る―よくある質問
5.顕正会について
 ⑴顕正会とは
 ⑵顕正会の目的
 ⑶顕正会の勤行と布教
 ⑷顕正会の施設

この記事を書いた人

事務所名称:大倉行政書士事務所
所在地:大阪市鶴見区鶴見3丁目5番19号‐702号室
保有資格:行政書士、宅地建物取引士

コメント