大倉行政書士事務所のご紹介

内容証明郵便で浮気相手に慰謝料を請求する

内容証明郵便で浮気相手に慰謝料を請求する 慰謝料

内容証明郵便で浮気相手に慰謝料を請求する

こちらの記事では、浮気相手に対して送る内容証明郵便の効力や、内容証明郵便を送ることによって浮気相手に対し与えるプレッシャー、内容証明にかかる費用、ご自身で作成される方向けに内容証明郵便のテンプレートを記載させていただいております。

弊所で内容証明郵便の作成から差出まで丸投げにより対応させていただくことも可能ですが、ご自身で作成された内容証明郵便について行政書士が添削し、行政書士名を記名の上、差出させていただくサービスにも対応しておりますのでぜひ最後までご覧ください。

内容証明郵便は浮気相手に対し強いプレッシャーを与えます

内容証明とは、内容文書(相手に対し主張する内容を記載した書面)の記載内容や送った日時を郵便局によって証明を受けることができるサービスです。一般的に配達証明を付けて送ることが多く、内容証明は後の証拠を残すという意味で大変有効な手段ではありますが、内容証明郵便自体に相手を法的に強制する効力は有しません。しかし、内容証明郵便は、普段よく目の当たりにするものではないかと思いますので、いきなり郵便局から厳格な書面が自宅に送られることで、浮気相手からするとかなり心理的に大きなプレッシャーを与えられるでしょう。

内容証明によって浮気相手から慰謝料が支払われるケース

浮気相手に対する内容証明郵便は、相手が一方的に悪いことがほとんどですので、相手も送られた内容証明郵便をまったく無視することはあまり考えられません。「弁護士に相談した方がいいか」、「ネットで対策を調べなくては」など何かしらの心境の変化はあるでしょう。また、人によっては「どうせ裁判になって大きな金額を支払うのであれば」「裁判をするには多額の弁護士費用がかかるのではないか」と考え、この際に請求金額を払って終わりにしようと思われる方も実は多いです。

確定的な浮気や不倫が確認できない場合

異性と二人でレストランや買い物に出かけているところを見てしまったけれど、このような場合にでも内容証明郵便を送ることは相当なのでしょうか。このようなケースでも内容証明郵便を送るケースはあります。このようなケースでは、「貴方の行為は今後の夫婦生活を破壊しかねない行為ですので、交際を中止することを要求します。」のような記載が適切でしょう。このように、内容証明郵便は、今後の進展した浮気や不倫を防止する目的でも利用されたりします。

浮気相手に対する慰謝料を内容証明郵便で請求する場合の相場

内容証明郵便を浮気相手に送るケースはさまざまですが、一般的には慰謝料を請求するケースに用いられます。一般的な裁判上の慰謝料の相場は、およそ数10万円から300万円の範囲内で支払われることがほとんどです。しかし、浮気によって別居や離婚に至った場合等のケースでは状況により上記相場以上の慰謝料を請求することも可能な場合があります。

内容証明郵便によっても上記慰謝料の相場の金額を請求することができます。送る側としても、内容証明郵便の段階で相手が支払いに応じてくれた方が、今後の裁判手続きを考えても楽かもしれませんね。また、相手が内容証明郵便を送ったことで、電話や文書等で支払い意思を伝えてきた場合には必ず書面に残すようにしましょう。相手から電話がかかってくることがわかっているのであれば、どのような会話であっても念のため録音しておきましょう。

内容証明郵便を浮気相手に送る方法

内容証明郵便を郵送する方法は2つあります。一つ目は、郵便局に所定の書類を持参し内容証明郵便を送る方法です。この場合、内容証明郵便を3通準備し、郵便局に持参する必要があります。二つ目は、電子内容証明(e内容証明)によって送る方法です。こちらはパソコン上で内容証明郵便を送ることができますが、事前に郵便局のサービスに登録する必要があります。日常的にご利用されない方は郵便局での内容証明郵便サービスを利用されるとよいでしょう。下記が郵便局での内容証明郵便を送る手続の流れです。

内容証明郵便を送る手続の流れ

1.内容文書の作成

先述のとおり、内容証明は「受取人」「差出人」「郵便局」用の3通が必要となります。いずれも同じ内容で作成する必要があります。また、内容証明郵便は紙1枚に記載できる文字数が制限されていますので、ご注意ください。

2.必要書類の準備

内容証明郵便を送るには下記のものが必要です。

  • 前記1によって作成した内容文書(3通)
  • 差出人に送る用の封筒(差出人と受取人の住所表記が必要です。)
  • 認印(訂正がある場合に使用します。)
  • 内容証明の費用(おおよそ2,000円程度で足ります。)

3.郵便局にて発送

内容証明郵便は全国にある全ての郵便局で取り扱いがあるわけではありません。そのため、内容証明郵便を送る際は必ず、事前に郵便局へ連絡の上、前記2を持参するようにしてください。

内容証明郵便を浮気相手に送る(テンプレート)

下記は、浮気相手に対し、交際の中止と慰謝料を求める場合の内容証明郵便のテンプレートでございます。ご自身の状況によってご変更の上、ご使用いただけます。

不倫相手内容証明1

Googleドキュメント用→こちら

PDF→こちら

内容証明郵便の代理作成や浮気相手に対する差出のご依頼

弊所では、浮気相手や不倫相手に対する内容証明郵便を代理によってお送りさせていただくことが可能です。内容証明郵便の作成と差出料金は以下でございます。

1.内容証明郵便の作成と差出

業務内容 案件(受取方) 料金
内容証明の作成 定型文面(個人・法人) 10,000円~
内容証明の作成と差出 定型外文面(個人) 23,000円~
定型外文面(法人) 25,000円~
内容証明トータルサポート 内容はお問い合わせください。 30,000円~

2.内容証明郵便の確認と添削、差出(行政書士名の記載)

業務内容 案件(受取方) 料金
内容証明の添削 定型文面(個人、法人) 5,000円~
定形外文面(個人、法人) 10,000円~

※)上記いずれも実費が別途かかります。
※)内容証明郵便が定型外文面である場合には「15,000円~」対応させていただきます。料金の詳細はこちらです。

TEL:050-3173-4720
お問い合わせ→こちら

行政書士に内容証明郵便の作成を依頼するメリット

行政書士に内容証明郵便の作成や差出を依頼いただくことで、以下のメリットがあります。

1.相手に本気度がより伝わる

上記の内容証明テンプレートをご利用いただき、ご自身で作成しご郵送いただくことはできますが、行政書士の記名があることで、より強い真剣さ伝えることができます。

2.違法となるリスクがない

浮気が原因により内容証明郵便をご自身で作成されるケースでは、文書の記載が脅迫じみた内容になる場合があります。そのため、第三者である行政書士が客観的な目線から、冷静に文書を作成致します。

3.内容証明郵便の作成まで時間がかからない

弊所のサービスをご利用いただけますと平均7日程度で内容証明郵便の作成から差出までを行わせていただくことができます。また、ご要望の場合には特急作成や当日作成をご選択いただき、1日から3日で作成させていただくこともできますので、お急ぎの方でもご利用いただけます。

内容証明業務でお客様にいただいた声

内容証明業務によりいただいたお客様の声の一部を記載しております。その他のお声については、事務所のホームページよりご確認いただけます。(お客様の声→こちら

お客様の声1

お客様の声2

お客様の声3

お客様の声4

お客様の声5

お客様の声6

 

この記事を書いた人

事務所名称:大倉行政書士事務所
所在地:大阪市鶴見区鶴見3丁目5番19号‐702号室
保有資格:行政書士、宅地建物取引士

内容証明によって知人に金銭の返済を請求するには?
時効の援用通知書を自分で書くことはできる?
内容証明の作成依頼は【全国対応】の当事務所にお任せください
エコキュートの訪問販売はクーリングオフが可能か?
時効の援用から2週間が経過した場合

 

 

 

 

 

 

 

コメント