大倉行政書士事務所のご紹介

宗教をやめるにはどうすればいいの?行政書士が解説

宗教をやめるにはどうすればいいの 宗教脱会

信仰している宗教をやめたいけれど、他の信者に引き留められていることや、信仰宗教の規定により脱会のルールが定められているなどの理由により、宗教をやめることができないとお悩みの方はいませんか。

宗教を脱会したいけれど何をすればいいの?

(このような方)

  • 宗教を辞めたいけれど辞め方がわからない
  • 宗教を辞めたいけれど住所を知られたくない
  • 宗教を辞めた後に嫌がらせがないか不安
  • 宗教を理由に離婚をするかもしれない
  • 団体を脱会することを家族や親族が止めている
  • 団体を脱会した後、会員又は信者との関係が心配
  • 団体を脱会した後にトラブルにならないか不安

宗教の自由は憲法により以下のとおり定められておりますので、当然宗教をやめることも認められているはずです。しかし、最近では、宗教をやめる際のルールを支部の規則で定められていることがあるようです。

宗教は憲法により信仰の自由が認められてます。

第20条 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
二 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
三 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

当サービスでは、先述の理由により宗教を辞めることが出来ない方に対し、宗教脱会のサポートをさせていただきます。

宗教団体からの脱会サービスのサポート内容

当サービスのサポート内容

内容証明によるサポート

内容証明郵便

画像:内容証明郵便

配達証明書

画像:配達証明書

当サービスは、宗教団体からの脱会を配達証明付きの内容証明郵便を利用しサポートさせていただきます。内容証明を利用することにより、脱会の意思表示が相手方に到達したことや内容証明により記載している文書の内容が第三者である郵便局によって証明することができます。つまり、相手方から「脱会の通知は受け取っていない」等と主張されてもこれらの方法により送ったことを証明することができます。

別便によるサポート

内容証明は内容文書のみ送ることができますので、脱会にあたりご本尊やカード等を併せて郵送することはできません。しかし、当サービスでは、内容証明に加えて別便(特定記録郵便等)によって宗教団体からの脱会通知に加え、これらの物品の代理郵送にも対応しております。特に現在の住所を相手方に知られたくない方にとっては、代理による郵送はご安心いただけるサービスの一つかと思います。

内容証明郵送後のサポート

宗教団体の脱会に関する依頼は、脱会後の信者による再勧誘や嫌がらせ、さらには宗教新聞の配送に困られる方が一定数いらっしゃいます。当サービスでは、このような脱会後の問題について内容証明の送付後3か月間は対応させていただくことができます。サポート内容としては、信者からの嫌がらせによる場合は、その信者に対する通知や、宗教新聞や再勧誘については再度、宗教団体に対して通知をさせていただきます。

内容証明が届かない等の場合のサポート

内容証明が適切に相手方に届かなかった場合や、脱会できなかった場合(脱会できなかったときはありませんが。)には内容証明の再送や返金により対応させていただきます

宗教脱会の当サービスの流れ

宗教脱会の当サービスの流れ

 

1.電話又はメールによる問い合わせ

まずは、電話や問い合わせフォームより宗教団体からの脱会をされたい旨をお伝えください。

2.内容の聞き取り

電話により約30分程の聞き取りをさせていただきますので、ご状況をお伝えください。状況の聞き取りと併せて御見積をお伝えさせていただきます。

3.契約の締結

電話によりお伝えした御見積にご了承いただける場合は、契約を締結させていただきます。金額のお支払は契約締結後5日以内とさせていただいておりますので、ご了承ください。

4.内容証明(案)の作成

上記によりお支払をいただいた後、概ね1週間で案文を作成致します。作成後は、ご確認をいただき内容に変更などがなければ、原則その日中に電子内容証明郵便を配達証明付きでお送りさせていただきます。

5.内容証明の謄本及び配達証明書の受領

内容証明を郵送後、2週間前後で内容証明のコピーと配達証明書が当事務所に郵送されますので、これらの書類をご依頼者様に返送し手続は以上となります。

宗教団体の脱会は当サービスをご利用ください

当サービスは、年間に100件以上の内容証明に関するご相談をいただきこれまでに数多くの案件を対応してきた実績があります。宗教団体の脱会は意思表示が必ず必要ですので、意思表示が適切にできなければ脱会ができません。当サービスでは、先述のとおり内容証明(配達証明付き)による脱会サポートをさせていただきますので、このような心配なくご安心してご依頼をいただけるかと思います。また、これまでにご依頼いただいた方からもご満足をいただけたお声を多数いただいております。(下記お客様の声を参照ください。)内容証明による宗教団体からの脱会は当方にお任せください。

料金

サービス内容 料金 概要
脱会(脱退)通知書の作成と送付 25,000円 内容証明により宗教団体に対し、脱会の通知をさせていただきます。
特定記録郵便による送付 5,000円 団体から預かっている物があればこちらから郵送させていただくことができます。また、そのような物品が無くとも、内容証明に加えて特定記録郵便を利用することもできます。

※)ご依頼の内容によっては料金が異なる場合があります。

お客様の声

お客様の声2

お客様の声1-2

お客様の声です、詳細はこちらからご確認いただけます。

書類作成のご依頼はこちらをクリックしてください。

宗教の脱会通知についてよくある質問

Q1.万一、脱会できなかった場合にはどのように対処していただけますか。
脱会が出来なかった場合には、もう一度、内容証明をお送りさせていただく、返金する等の対応をさせていただきますがこれまでにそのような事例はありません。

Q2.宗教の脱会は家族に知られますか。
ご自分で伝えない限りは、ご家族に知られることはないかと思います。

Q3.脱会するための理由は必要ですか。
脱会する理由は不要でございます。

Q4.東京からの依頼に対応していただけますか。
はい。メールや電話等による対応であれば可能です。

Q5.内容証明や文書の内容の解説は金額に含まれますか。
はい。含まれております。ご不明な点等ありましたら、お気軽にお申し付けください。

Q6.宗教団体の会合等に参加しなくなってからかなり月日が経っていますが対応可能ですか。
はい。可能でございます。

Q7.金額はケースによって高くなったりしますか。
いいえ。脱会通知の場合には一律「25,000円+実費」で対応致します。ただし、有料の選択サービスもあります。

Q8.宗教団体の脱会に相手の合意は必要でしょうか。
いいえ。不要でございます。

文科省が公表する宗教団体一覧

下記は宗教団体の一部を挙げさせていただきました。以下は文部科学省が公表する宗教団体の例として無作為に挙げた団体でございます。

その他の宗教団体はこちらからご確認いただけます。

(有名な宗教法人等)

神社本庁、黒住教、出雲大社教、扶桑教、御嶽教、金光教、山蔭神道、宗教法人平和教、天光教、天台宗、修験道、金峯山修験本宗、和宗、念法眞教、孝道教団、高野山真言宗、真言宗醍醐派、真言宗御室派、真言宗大覚寺派、真言宗智山派、真言宗豊山派、真言宗国分寺派、中山身語正宗、辯天宗、浄土宗、浄土真宗本願寺派、真宗大谷派、臨済宗建長寺派、曹洞宗、日蓮宗、日蓮正宗、法華宗(本門流)、本門佛立宗、霊友会、華厳宗、日本聖公会、日本基督教団、日本キリスト改革派、日本バプテスト連盟、福音伝道教団、聖イエス会、日本福音教会、天理教、世界救世教、當麻寺奥院、ほんみち、生長の家、創価学会、宗教法人幸福の科学、世界救世教、立正佼成会、おやさま御入込み教会、日輪教会、エホバの証人、GLA、東大寺唯心会、宗教法人神慈秀明会、阿含宗、天道真教、當麻寺奥院、世界救世教いづのめ教団、ひのもとのみち、世界真光文明教団、MOA桜井センター、宇宙経綸基礎、敷島大教会、諸教教会、檪本分署跡保存会、崇教真光大和郡山準道場、宗教法人パピオン、宗教法人世界平和統一家庭連合大和郡山家庭教会、御嶽教大杉大教会、真倭之苑、日本ミッション、大三輪教本院、神道教会、黒住教学園前教会所、菅原天満宮、天理教、陽気づくめ教会

 

コメント